矯正歯科

当院の矯正歯科の特徴

矯正って高い!?
予算に応じて柔軟に対応いたします。

前歯を少しだけ整えたいなど、ニーズに合わせた価格設定で、柔軟に対応いたします。

歯並びの治療は矯正のほかにも沢山あります!理想の歯並び、予算、通う回数など無料カウンセリングさせていただきます。お気軽にご相談ください

矯正歯科

お手軽・簡単・痛くない
マウスピース矯正

皆様の持つ矯正治療のイメージはどんな感じでしょうか?高い・痛い・時間がかかる・針金がカッコ悪いなどでしょう。マウスピース矯正は本当にお手軽です

型と取って装着するだけ!通う回数も慣れてくれば2~3か月に一度マウスピースを受け取りに来るだけで簡単!従来の大変な矯正のイメージとは一変します。

マウスピース矯正

当院は費用も期間割!一律価格にしないので、他院で高い見積もりが出されてあきらめていても、もう一度当院にご相談ください!異なる価格が提示できるかもしれません。

プチ矯正や、異なる治療方法の提案もできるかもしれません!近くにある本院にも様々な治療の得意なドクターが多数在籍しています。まずはご相談ください!

お子様矯正

成人矯正にはライフスタイルにより様々な制限がつきます。お子様用の小児矯正は取外し式の装置で矯正治療を行うので安心!

成人矯正の1/2~1/3で矯正治療が受けられることも多いです。矯正治療は子供の時からしたほうが絶対にお得です!まずはご相談ください。

お子様矯正

矯正治療の急なトラブル、いつでも対応可能!

矯正治療で痛みが出たり、ワイヤーが引っかかるなど不具合があっても、土日祝も22時まで開いているので安心。まずはお電話ください。

マウスピース矯正は本当にお手軽です。型を取って装着するだけ!通う回数も慣れてこれば2~3か月に一度マウスピースを受け取りに来るだけで簡単!従来の大変な矯正のイメージとは一変します

矯正治療

当院は費用も期間割!一律価格にしないので、他院で高い見積もりが出されてあきらめていても、もう一度当院にご相談ください!異なる価格が提示できるかもしれません

調整料無料!

調整料は無料です。クールに合わせてのお支払いとなりますので費用が明確ですのでご安心ください。保定の料金も費用に含まれています

※他院での矯正治療におけるトラブルにもいつでも対応させていただいております。

調整料無料

カウンセリングについて

カウンセリング内容

当院では矯正治療で一番気になる『費用』『期間』『値段』を明確にカウンセリングを行います

  • どのようにになりたいのか(理想)
  • 予算はどのくらいか
    (矯正に必要な期間によって決めます)
  • 装置の種類について
    (マウスピース矯正かワイヤー矯正か)
  • どれくらいの頻度で通うのか、何か月くらいで直したいのか
  • 矯正治療のほかに審美的にする方法の提案
  • 支払方法について
    (現金・カード一括・カード分割・デンタルローンなど)

上記について聞き取り見積もりを出すことから始めます。
カウンセリングは無料です。30~60分程度のお時間をいただきます。

矯正料金表

費用について

※横にスクロールしてご覧頂けます。

最小費用 最大費用
マウスピース矯正(片顎) 300,000円+税 600,000円+税
マウスピース矯正(両顎) 600,000円+税 1,200,000円+税
ワイヤー矯正(片顎) 200,000円+税 ¥300,000円+税
ワイヤー矯正(両顎) 400,000円+税 ¥600,000円+税
MTM(挺出等) 400,000円+税 -
小児矯正 床タイプ(片顎) 200,000円+税 追加として100,000円+税
小児矯正 床タイプ(両顎) 400,000円+税 追加として200,000円+税
小児矯正 固着タイプ(片顎) 200,000円+税 -
小児矯正 固着タイプ(両顎) 400,000円+税 -
保定(リテーナー)(片顎) 30,000円+税 -
保定(リテーナー)(両顎) 50,000円+税 -

期間について

※横にスクロールしてご覧頂けます。

最小期間 最大期間 備考
マウスピース矯正(片顎) 1年 2年 初回6セット18枚(10か月分)=300,000円+税 
追加3セット9枚(5か月分)につき100,000円+税追加
マウスピース矯正(両顎) 1年 2年 保定費用含む
例)2年の場合=片顎当たり=(¥300,000+¥100,000×3)×税
ワイヤー矯正(片顎) 1年 3年 使用材料により追加費用が掛かる場合あり
ワイヤー矯正(両顎) 1年 3年 保定費用含む
MTM(挺出等) 1か月~1年 - 1歯につき費用一律
小児矯正 床タイプ(片顎) Ⅰ期(前方歯群2‐2)(6~7歳頃) Ⅱ期(側方歯群345-345)(~12歳頃) 拡大装置等
小児矯正 床タイプ(両顎) Ⅰ期(前方歯群2‐2)(6~7歳頃) Ⅱ期(側方歯群345-345)(~12歳頃) -
小児矯正 固着タイプ(片顎) 1年 - リンガルアーチ等
小児矯正 固着タイプ(両顎) 1年 - 費用一律
保定(リテーナー)(片顎) 1年 - 当院で矯正治療を受診された方は含みます。他院で矯正終了の方のみ
保定(リテーナー)(両顎) 1年 - -

矯正治療の大まかな流れ

  • カウンセリング

    費用・期間・方法・希望・どうなりたいのかの理想を問診し、それに対してより良い矯正方法のご提示をさせていただきます。使用器具などについても模型を使ってわかりやすくご説明いたします。(無料相談)

    この時に必要であればレントゲン写真など必要な資料採得をしたのちにお見積りをさせていただきます。
    カウンセリング
  • 診断
    必要な資料をいただき(歯型・レントゲン写真・顔貌写真・口腔内写真など)カウンセリング時より詳細な手段等を再度ご説明させていただきます
    診断
  • 治療開始

    装置をお渡しします(ワイヤー矯正の場合は装着します)使用する装置によって異なりますが1~4週間に一度のペースで調整を行います

    (カウンセリング時に通う頻度などのご説明を事前にさせていただきます)必要に応じてクリーニングなども並行して行っていきます。
    治療開始
  • 保定
    綺麗な歯並びになったら、後戻りがないように 透明のマウスピースを装着していただきます(1~2年程度)
    保定
  • メインテナンス
    後戻りや不調がないか、通常3か月検診ほどの定期健診で状態をチェックします
    メインテナンス

矯正治療を検討
されている方へ

矯正治療と一言聞くと大事のように感じることかもしれませんが、近年ではマウスピース矯正やプチ矯正など、実に沢山の矯正治療方法があり、矯正治療はじつはそれほどハードルの高い物ではありません

医院によっても矯正治療にかかる費用や値段は様々で統一されているわけではありません。

矯正治療を検討されている方へ

マウスピース矯正はただ透明のマウスピース矯正をはめておくだけで歯並びが勝手に治っていきますし、プチ矯正も半年もかからないこともあります

もし、あなたが歯並びが気になるなぁとか、矯正治療ってハードル高そう、値段聞くのが怖い、他院で見積もりをしたら高かったなど、不安要素があるのであれば一度無料カウンセリングをうけてみてください

驚くお話や治療方法の提示があるかもしれません。矯正治療はこの2~3年で驚くほど進歩しています

子供の矯正について
(咬合誘導)

子供の生え代わりの時に
歯並びが悪くしまう原因

  • 永久歯の生えるスペースない(歯槽骨の幅が足りない)叢生歯と呼ばれ、歯が重なり合って生えてしまいます。八重歯が前に出てしまうのもこれが原因です。
  • 永久歯の生えるスペースがありすぎる(歯槽骨が大きすぎる)すきっぱになってしまいます。

歯が綺麗に生えそろうためには、歯の幅と歯が生える骨の幅のバランスが取れている必要があります。両社のバランスが良ければ多少歯並びが歪んでいても、簡単に歯並びを整えることが可能です。

しかし成人矯正のときに大変になるのは、歯を綺麗に並べるためのスペースを確保するために抜歯や骨の成形など、手術が必要になることでしょう。成人は骨が完成されてしまっているので、外科的にしか骨を触ることができません。

一方、小児の場合は、まだ成長段階で骨が完成されていません。歯並びに必要な歯槽骨の成長を促進(抑制)する装置を装着することで、成人になるまでに綺麗に歯並びが整うような骨の量を確保することが可能です

そうすると、成人になるまでに歯がバランスの良い位置に生えてきますし、 万が一歯並びが多少ずれて生えてきても、18歳になってから軽く整えて上げるだけですぐに綺麗な歯並びを作り出せるでしょう

このように子供の骨の発育を利用して歯並びが整う環境をつくってあげることが、小児矯正のメリットです。(咬合誘導)成長して大人になったときにバランスの取れた顔立ちにもなるでしょう。

子供の矯正を始めるのはいつがベストか

子供の虫歯で歯並びが崩壊してしまうと、後に生えてくる永久歯の生えてくる位置に影響を及ぼします。(乳歯があることで永久歯が生えてくるスペースを確保しているため)そのためにお子様も、3か月に1度の定期健診を行いまずは虫歯にならないようにすることが一番大切でしょう

お子様の上下の前歯は生えてきているときに、一度無料カウンセリングを受けると良いでしょう(6~7歳)前歯の生え具合で、今後出っ歯になるのか、うけ口になるのか、正常なのか成長予測を立てることが可能です

12~14歳までは頭蓋骨は急速に発達するので、6~14歳間でであれば小児矯正は可能といえるでしょう。成人矯正よりも小児矯正のほうが金額は1/2程度と安くすむことがほとんどです。また、年齢は早ければ早いほど骨の成長をコントロールしやすいと言えるでしょう

子どもの矯正のメリット

小さいときは歯並びは当人は特に気にはしないでしょうが、 思春期(中学生・高校生)になってくるとだんだんと他者と比較することが多くなってくるので、歯並びも気になりだすでしょう

しかし思春期から矯正治療を始めるのは困難です(骨の成長はゆるやかに進んでおり、歯を固定することができないため)おそらくは18歳以上になって骨格と歯並びが完全に出来上がるまで待つことになると思います。

治したいのに治せないというのはつらいものでしょう。小学生の時にしっかりと歯並びを意識しておいてあげると思春期がより楽しいものになるのではないでしょうか。顔のバランスも整い、雰囲気もよくなるでしょう。費用も安くつくことがほとんどです

将来のお子様の期待できる効果

  • 受け口の回避
  • 出っ歯の回避
  • 八重歯強調の回避
  • 顎がすっきりする可能性
  • 歯の叢生の回避
  • 口呼吸の回避
  • いびきの回避
  • 成人矯正での抜歯の回避
  • 成人矯正での費用負担の軽減
  • 口呼吸の回避

等が期待できるでしょう。(個人差あり)

平均的な治療期間

6~14歳(顎の発育が止まり始めるまで・個人差あり) 週2回~月1回の通院

時間がかからないケース

骨格のバランスがある程度取れているお子骨格の調整量によって期間が変わるでしょう

時間のかかるケース

大きい受け口・出っ歯骨格の調整量によって期間が変わるでしょう。

お子様が協力をあまりしてくれない場合 お子様が頑張るかどうかの意志が非常に重要となってきます。スタッフ・ドクター・ご両親3者一体になって取り組むことで良い結果が生まれるでしょう。必ず大人になったときに感謝されると思います。

こんな方におススメしたい

矯正全般に言えることですが、前歯のど真ん中がいびつなケース(奥歯は綺麗に生えている)はほんの少し矯正を行うだけでガラッと雰囲気が変わります。前歯の矯正はかかる費用も時間も短いのでおススメしたいです

大人のワイヤー矯正

近年はマウスピース矯正が大人気で、年々ワイヤー矯正を行う頻度は少なくなってきましたが、ワイヤー矯正はやはり、矯正にかかるスピードや時間は、マウスピース矯正に比べて早い傾向があります

基本的にはお気楽に矯正可能なマウスピース矯正をお勧めしますが、最初の数か月だけ大きく歯並びのずれてしまっている歯のみに対してワイヤー矯正を用いてある程度改善したのちにマウスピース矯正を行うことで矯正治療にかかる費用や期間を抑えることが可能ですので、そのようなケースの場合は無料カウンセリング時にご提案させていただきます

抜歯になるケースとならないケースについて

矯正治療は、歯を並べるためのスペースがあるかないかで難易度が変わり、スペースを確保することでそのスペースに歯をならべて綺麗にしていきます。スペースは1cm以上必要な場合は抜歯矯正が適応となるでしょう。重なり合った歯の、重なった部分の総幅径によって非抜歯矯正が可能かどうか判断できます

ただし、抜歯以外にもスペース確保の方法はあるため、自己判断せずに無料診断を一度受けることをお勧めいたします

大人矯正のメリット

  • 歯並びが綺麗になる
  • 笑顔が素敵になる
  • 顔の雰囲気がすっきりする
  • ホワイトニングが映える
  • 歯ブラシがしやすくなり 虫歯・歯周病予防になる
  • 清潔感がでる
  • うけ口・出っ歯が治る
  • 写真写りが良くなる
  • 食事の際、かみ合わせのバランスがよいので、雰囲気の良い食べ方になる。
  • かみ合わせの不均衡による肩こり、耳鳴りの改善が期待できる
  • マウスピース矯正の際は同時にホームホワイトニングもできる(一石二鳥)

利用する矯正装置の種類

最近はマウスピース矯正が主流となっております。基本的にはマウスピース矯正をお勧めいたしますが、ワイヤー矯正のほうが(ワイヤー矯正を部分的に用いたほうが)費用が安くなったり早く仕上がる場合はご提案させていただきます。ライフスタイルに合った矯正方法の相談を無料カウンセリング時にさせていただきます

ワイヤー矯正の装置にはメタルブラケットやセラミックブラケットホワイトワイヤーなど、審美的なものも取り揃えておりますのでお気軽にご相談ください

矯正中に気を付けること

虫歯・歯周病にならないためには

マウスピース矯正では、マウスピースを付けている間はマウスピースの中でお口の中のばい菌が増殖します。こまめなお手入れ、歯ブラシの頻度を多くするなどで虫歯にならないように対応しましょう。

着脱可能なため、従来のワイヤー矯正よりは虫歯などの病気にはなりにくい傾向にあります

違和感を感じたらすぐに歯医者さんにご相談ください。マウスピース矯正でも、定期的な歯のチェックとクリーニング(1-3か月おき)は必須でしょう。ワイヤー矯正の場合は、装置を自分で外すことはできないため丁寧なブラッシングが必要でしょう。2-3月おきに歯医者さんでクリーニングをすることをお勧めいたします

矯正中の生活習慣について

マウスピース矯正

マウスピース矯正はマウスピースを付ける総時間によって矯正スピードが変わります。

  • いつ付けるのか、いつ付けないのか
  • 何時からつけるのか、何時に外すのか
  • 仕事の時はどうするのか、休日はどうするのか
  • 定期健診はいつ行くのか

ルーティンとして矯正治療を行うと良い結果になるのではないでしょうか

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は固定式のため装置を自分で外したりすることはできません。しっかりと歯ブラシの習慣と、定期健診の習慣を付ける必要があるでしょう

マウスピース矯正について

おすすめのケース

  • すきっぱを直したい
  • 人に気づかれずに矯正治療をしたい
  • 痛くない矯正治療をしたい
  • 大事な用事があるときは取り外したい
  • ワイヤー矯正はカッコ悪い
  • 昔ワイヤー矯正をあきらめたことがある
  • 昔矯正治療をしていたが後戻りしてきている
  • 楽な矯正治療がいい

マウスピース矯正で利用する装置の特徴

マウスピース矯正で使用するマウスピースは1mm程度の透明なマウスピースです。(ポリカーボネート製)透明なので仕事中に付けていても気づかれないでしょう

気づかれても、なんか付けてるな程度で特に気になるようなレベルのようなものではないので、問題ないでしょう

水洗いでマウスピースは十分綺麗になりますし、定期的に新しいマウスピースに変わっていくので清潔感についても特に努力する必要はないでしょう。

マウスピース矯正でできるケースできないケース

基本的に、すべてのケースに対応可能ですが、骨格の改善などはできません。また、糸切り歯など上のほうにある歯を下におろすときはワイヤー矯正を一部用いたほうが早いです。

マウスピース矯正の年齢制限

マウスピース矯正は骨格の完成した18歳以上からスタートするのが望ましいです。大学生やお仕事をしている方は、マウスピースを付けたまま授業や仕事をしていても問題ないでしょう。

しゃべりにくくなったりすることもないでしょう(1週間ほどでなれます)マウスピース構成の年齢の上限はありません

部分矯正

前歯は骨が薄いので矯正治療はスピーディーに行えることがほとんどです

マウスピース矯正で利用する装置の特徴

マウスピース矯正で使用するマウスピースは1mm程度の透明なマウスピースです。(ポリカーボネート製)透明なので仕事中に付けていても気づかれないでしょう

気づかれても、なんか付けてるな程度で特に気になるようなレベルのようなものではないので、問題ないでしょう。

水洗いでマウスピースは十分綺麗になりますし、定期的に新しいマウスピースに変わっていくので清潔感についても特に努力する必要はないでしょう

  • ちょっとすきっぱが気になる
  • ちょっと歯が歪んでいるのが気になる
  • ちょっとだけひっこめたい

など軽度のケースであれば数か月値段もそれほど高くなく行えることも多いのでまずは無料カウンセリングで見積もりと取ってみると良いでしょう。

マウスピース矯正・ワイヤー矯正ともに対応可能です。
それぞれ治療期間や金額が異なりますので、ライフスタイルに合わせた手段を取るとよいでしょう

部分矯正は歯を動かす部位や量によって費用が変わります。

最短3か月~ 10万~

個々により大きく異なるため無料カウンセリングをお勧めいたします

セラミック矯正

  • 虫歯が沢山あり、かつ歯並びが気になる人
  • 前歯も奥歯も沢山被せ物が新旧いろいろな色が入っていてまとめてきれいにしたい人
  • 銀歯や古くなった前歯の被せ物などがちぐはぐに入っている人
  • ホワイトニングや矯正治療では到達できない、誰が見ても羨むようなきれいな白い歯を手に入れたい人
  • 2~3か月で完璧な歯を手に入れたい人
  • すきっぱを手早く数回の来院で治したい人
  • 2~3本の歯の捻転を数回の来院で治したい人

このような人たちにはセラミック矯正をおススメしております。

見えるところをセラミックの被せ物にすることで好きな色、好きな歯並びにすることが可能です。セラミックはすべてオーダーメイドで制作します

矯正治療やホワイトニングでは何十回行っても到達できないような色でも簡単に手に入れることが可能です。歯の形から色まですべて自分の思い通りにできるので、リーズナブルかつ可能な限り期間を短縮して行えるよう製品も充実しております

マウスピース矯正やワイヤー矯正では歯並びはもちろん綺麗になりますが、歯の形は変わりません。もう少しこの歯が小さくなったらいいのになあ、とか歯の形のバランスが悪いなぁとなっている方にはセラミック矯正がおススメです

治療手順A 
1~2本の歯をセラミックで並び変えたい時

  • カウンセリング
    綺麗にしたい部位(本数)を聴き取りしたのち、お見積り、治療回数、治療手順をご説明いたします。
  • 仮歯で理想の歯並びを作ります(1~3回)
    形が決まるまで仮歯で形を作っていきます。この作業で形が決定するとセラミックの歯も理想的なものが製作可能です。歯の色も仮歯をもとにそれよりもトーンを上げるか下げるか決定します。形が決定したらセラミッククラウンの型を取ります
  • 型入れ
    セラミックの歯を入れて完成です。
  • 使い勝手など問題がないか1~2週間後に確認して完成です。
    3~4回程度の通院で完成いたします。合わせてホワイトニングで他の歯も白くするとさらに綺麗な歯に仕上がるでしょう。

治療手順B
全体を真っ白に治したい時

  • カウンセリング
    綺麗にしたい部位(本数)、なりたい歯の色をお聞きした後、お見積り、治療回数、治療手順をご説明いたします。
  • 現在の状態を記録するため、現状の歯型を取ります。
    同時に仮歯もその模型から
    作ります。
  • 仮歯をセットします
    (上下に分けて1~2回)
  • 仮歯で理想の歯並びを作ります(1~3回)
    形が決まるまで仮歯で形を作っていきます。この作業で形が決定するとセラミックの歯も理想的なものが製作可能です。歯の色も仮歯をもとにそれよりもトーンを上げるか下げるか決定します。
  • 形が決定したらセラミッククラウンの型を取ります(下から)
  • 下顎のセラミックの歯を入れます(下が完成します)
  • 上顎のセラミッククラウンの型どりをします
  • 上顎のセラミックの歯を入れます(上下完成です)
  • 使い勝手など問題がないか1~2週間後にかくにんし、微調整を行います。
  • 最初は1か月おきに問題がないか1か悦おきに確認と検診
    を行います。
  • 問題なければ3か月検診(通常検診)でセラミックの綺麗さを維持していきます。

片顎のみなら3~5回 両顎で7~10回程度で治療が完了いたします

¥19,800+税/¥59,800+税のものともに対応可能

当院では以下のセラミック素材・保険素材をご提供しております。


オールセラミック(e-max)(2色使用)(詰め物・被せ物・ブリッジ)
19,800 ジルコニアセラミック(sirona)(1~2色使用)(詰め物・被せ物・ブリッジ) 19,800
オールセラミック(e-max)(4~5色使用)(詰め物) 39,800 ジルコニアレイヤリングセラミック(色無制限)(被せ物) 59,800
ハイブリッドセラミック
保険3割負担
8,000円程度 zレジン前装冠 
保険3割負担
8,000円程度
ハイブリッドレジンブリッジ 保険3割負担 23,000円程度

それぞれ組み合わせも可能ですので、一度カウンセリングを受けることをお勧めいたします。様々な材料から、予算に応じたベストな組み合わせを模索いたします