審美歯科

審美歯科の種類

①ホワイトニング

歯を脱色することで歯の中に入り込んだ色素を抜き歯を白くします。元の歯より白くしたい方はもちろん、年を重ねるごとに歯の色が濃くなってきたなあと思っている方にもアンチエイジングとして最適です。

当院のスーパーポリリンホワイトニングは歯を白くするのと同時にポリリン酸が歯に吸着するので、虫歯、歯周病予防にもなりにくく、染みにくく光沢もぴかっとその場ででます。

食事制限もないので非常にお手軽なホワイトニングとして注目されております

ホワイトニングページへ

ホワイトニング

②セラミック・ジルコニア治療

以前の虫歯の治療と言えば銀歯をつめることが主流でしたが、近年では材料も進化を続けており、おおよその場合白い詰め物で虫歯を治療することが可能です

お口の中の銀歯や銀の詰め物を白いセラミックに変えるだけでお口の中が明るくなり、清潔感が倍増するでしょう

セラミック

素材としても虫歯になりにくく、よごれも付きにくいため歯も強化されます。ホワイトニングと併用してセラミック治療を行うことでより白い歯を手に入れることができるでしょう。

オールセラミックは透明感が強く審美性に強いが衝撃に少し弱い側面があり、ジルコニアセラミックは衝撃に強く固いが、乳白色調で歯の色となじみが悪いことがあります。

当院で扱っているセラミック素材

  • オールセラミック
    (e-max)(2色使用)(詰め物・被せ物・ブリッジ)
  • ジルコニアセラミック
    (sirona)(1~2色使用)(詰め物・被せ物・ブリッジ)
  • オールセラミック
    (e-max)(4~5色使用)(詰め物)
  • ジルコニアレイヤリングセラミック
    (色無制限)(被せ物)

セラミック・ジルコニア
治療ページへ

③セラミック矯正

  • 虫歯が沢山あり、かつ歯並びが気になる人
  • 前歯も奥歯も沢山被せ物が新旧いろいろな色で入っている人
  • ホワイトニングでは到達できない、誰が見ても羨むようなきれいな歯を手に入れたい人
セラミック

このような人たちにはセラミック矯正をおススメしております。

見えるところをセラミックの被せ物にすることで好きな色、好きな歯並びにすることが可能です。
リーズナブルかつ可能な限り期間を短縮して行えるよう製品も充実しております。

④ハイブリッドセラミック
クラウン
(CAD/CAM冠)

(保険の使える白い被せ物)
(保険診療可能 3割負担約¥9,000)
上下顎の前歯10本の被せ物に使えます。

奥歯(7番目)の歯がすべてそろっている場合は上下の6番目の歯もこちらのハイブリッドセラミッククラウンで白くすることが可能です。

セラミック

笑ったら見える位置に銀歯がある方や、古くなった昔の前歯の差し歯は保険診療3割負担で¥9,000/1本でメタルフリーで透明感の差し歯に帰ることができますのでご相談ください。セラミックのように歯並びを変えることもできます。

年々金属の使用量は減っており、白いものでお口許を綺麗に見せるための保険の材料も充実してきております。
すべて対応させていただきますのでまずはカウンセリングから始めるとよいでしょう。
安価で白くできるということで大人気の被せ物です。

ハイブリッドセラミッククラウン
ページへ

⑤レジン前装冠

保険の使える白い被せ物)(保険診療可能 3割負担約¥8,000)メタルフレームに白い歯科用強化樹脂を貼り付けることで白く見せることができる被せ物です。

メタルフレームを用いるので透明感が出ないのと、6年程度でいろがだんだんくすんできてしまう(劣化してくる)のが欠点です。

前歯の大半が昔の被せ物で色がくすんでいるのが気になる方は一度保険診療で新しいものに入れ替えてみるのもよいかもしれません。(金属の被せ物の耐用年数は8年程度といわれています)

⑥コンポジットレジン(CR)

(保険診療3割負担/約¥1,500)白い歯科用強化樹脂です。小さいメタルの詰め物ならば外してこのコンポジットレジンをつめるだけで、1日で綺麗に白くなるでしょう。歯と化学的に接着し、非常に使い勝手の良い材料で、簡単に仕上げることの可能な材料です

欠点は変色しやすく、しっかり歯ブラシを3か月に一度歯科検診でクリーニングをしてあげないと2~3年でくすんだ色になってしまいます。また、詰め物のサイズが大きくなると欠けやすく、四方に歯の壁がなければ取れやすい材料です

⑦ハイブリッドレジンブリッジ

(上下5欠損の456ブリッジかつ四方の奥歯が残存している場合:3割負担約¥23,000)
最近保険適応になった真っ白なブリッジです。

歯科用強化樹脂の中にグラスファイバーを組み込んで製作されます。

非常に軽く、付け心地のよい材料ですが、5番目の歯が欠損の時のみ使えるものですので使用する事例が少ないのが欠点でしょう

セラミック矯正の流れ

※片顎のみなら3~5回、両顎で7~10回程度で治療が完了いたします。

※¥19,800+税/¥59,800+税のもの、共に対応可能

セラミック矯正
  • カウンセリング
    綺麗にしたい部位(本数)、なりたい歯の色をお聞きした後、お見積り、治療回数、治療手順をご説明いたします。
  • 型取り
    現在の状態を記録するため、現状の歯型を取ります。同時に仮歯もその模型から作ります。
  • 仮歯のセット
    仮歯をセットします(上下に分けて(1~2回)仮歯で理想の歯並びを作ります(1~3回)
    形が決まるまで仮歯で形を作っていきます。この作業で形が決定するとセラミックの歯も理想的なおのが製作可能です。歯の色も仮歯をもとにそれよりもトーンを上げるか下げるか決定します。
  • 下顎の型取り
    形が決定したらセラミッククラウンの型を取ります(下から)
  • 下顎の補綴セット
    下顎のセラミックの歯を入れます(下が完成します)
  • 上顎の型取り
    上顎のセラミッククラウンの型を取ります
  • 上顎の補綴セット
    上顎のセラミックの歯を入れます(上下完成です)
  • 1、2週間後
    使い勝手など問題がないか1~2週間後にかくにんし、微調整を行います。
  • メインテナンス
    最初は1か月おきに問題がないか1か月おきに確認と検診を行います。問題なければ3か月検診(通常検診)でセラミックの綺麗さを維持していきます